10月に入り、現況ですが、図面が出来上がりました!!
image

いよいよです。
図面をたずさえ、保健所と消防署へ行ってきました。

【 保健所編 】:旅館業法の営業許可を取得する為
許可を頂けるのは、改修が終わり現地を保健所の方が確認し問題なければです。よって開業直前になります。最悪の場合、業法通りでないと・・・せっかく改修が終わっても許可が頂けずに開業出来ない事態になります。これだけは、さけたい。。。
その為に、図面上で改修前から中も入念に相談をする必要があります。
僕らは、簡易宿泊所に該当します。とにかく、決まり事が多いです。
例えば、
受付台:大きさも決まりがあります。幅30センチ以上、長さ180センチ以上で宿泊者と面接に適する高さです。
トイレ:一応、人数により数が決まっています。
1〜5人は、大便器1・小便器1,6〜10人は、大2・小1、11〜15人は、大2・小2と増えて行きます。
また、全てを個室にすると手洗い場も数分必要です。
浴 室:適宜ではありますが、おおよそ10人に1箇所など
洗面台:浴室と同じく適宜、おおよそ5人に1箇所など
他にもベットの寸法など決まりがあります。
しかし、全てが決まっている訳ではないので、適するや適当な数など「適」という表現が多々あり、頭をかかえます。
一番悩まされる所は、水周りです。率直に、トイレの数や洗面台こんなにいる!?室内を圧迫してしょうがありません。もっと間取りや面積、人数によって、まさに適宜対応して欲しいばかりです。
私の経験ですが、ここまで揃えているゲストハウスはなかったように感じます。他県の詳細は、不明ですが、適宜対応しているのかなと感じました。
行政もゲストハウスは前例がなく、法律に従うしかない状態なようです。

【 消防署編 】:保健所へ申請する為に大事な所
今までの活動の中で一番の壁となりそうです。
建物がとても大きく、またその中の一部を使用する為、独立した建物とみなされない可能性がでてきました。仮に、独立した建物であれば適宜、火災報知器の設置で済みます。その為、火災報知器の設置以外にも設備が必要となる可能性があり大きくコストや手間がかかります。
しかし、まだ確定ではありません。消防署も初めてのケースという事で詳しく調べて頂いております。
現在、不安をかかえつつ、結果を待っています。

僕らの所見ですが、今の川越市の条例の捉え方では、ゲストハウスに適していないと感じます。
僕らは各地のゲストハウスに行きましたが、小さなゲストハウスでトイレの数や洗面台などに関してそこまで厳しく条例に従っている所は見受けられません。
ここ川越市また埼玉県には、新たに旅館業法を取得しゲストハウスを開業した人はいません。
今回をきっかけに、ゲストハウス開業するに当たり条例の捉え方になんらかの変化が起きると嬉しいです。また、変化を起こせるように頑張ります。

以上の見解は、僕らの現時点での知識を元に記載しております。至らない事がご了承ください。

「前へ」
引き続きがんばります。